Themen

WJCには、主な優先事項がいくつかあります。いかなる形態の反ユダヤ主義や人種差別主義にも積極的に反対する、将来の世代のためにホロコーストの記憶が忘れ去られないよう努力し、ホロコーストの犠牲者とその相続人のために正義を求め、イスラエルを支援し、増え続ける国家の非合法化に異議を唱え、現イラン政権による脅威に対抗し、異宗教間の関係を促進し、アラブ地区に住むユダヤ人の正当性を主張し、世界中のユダヤ人社会が平穏であることを保障することです。

反ユダヤ主義

反ユダヤ主義は、各国政府および非政府組織の努力にもかかわらず、いまだに多くの民主主義国家に深く根ざした現象です。「伝統的」反ユダヤ主義に加え、新しい形態や主張の反ユダヤ主義が世界中で増えています。

コミュニティー関係

WJCの中心的役割は、世界中の全関連機関との関係を常に維持し、独自の社会、文化、教育、宗教のニーズに応え、コミュニティー間のコンタクトを容易にし、特に小規模で隔離されたコミュニティーに対して求められる必要な支援を行うことです。

ホロコーストの遺産

ホロコーストから70年経った今でも、ユダヤ人から没収した財産を正当な所有者に返却していない国があります。WJCは、犠牲者とその相続人の権利を擁護しています。また、人類の歴史のなかで最悪の犯罪行為が否定または矮小化されないよう努めています。

異宗教間対話

WJCは常に、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のアブラハム3宗教間の対話の先頭に立っています。異宗教間協力は、世界平和および現社会におけるコミュニティー間の相互理解に重要な貢献を果たすでしょう。

イランの脅威

イランの核に対する野望は、近隣諸国および世界への脅威となっています。イランは、テロ活動の主要スポンサーです。イランの指導者、特にアフマディネジャド大統領は、繰り返しホロコーストを疑問視したり否定して、イスラエルに脅威を与えているのです。

イスラエル

イスラエルがユダヤ人国家として存在する権利は、常に世界中で疑問視されています。WJCおよびその関連機関は、全ての段階で積極的にイスラエルの正当性を擁護し、不公平で偏執的な攻撃から国家を守っています。

アラブ地域に住むユダヤ人

1948年以降アラブ地域から逃れた、或いは今も住んでいるユダヤ人の窮状や懸念は、あまり知られていません。WJCは、各国政府や国際機関と共にこの問題を定義することを約束します。