Wjc forum

כל ישראל ערבים זה לזה

全てのユダヤ人はお互いに責任を負う

世界ユダヤ人会議は、世界中の100 国に存在するユダヤ人社会や組織を代表する国際組織です。同会議は、政府、議会、国際機関、他宗教に対する、ユダヤ人全体の保護に努めています。WJCは多数のユダヤ人を代表しており、政治的には無党派です。

タルムードの一節「Kol Yisreal Arevim Zeh beZeh-全てのユダヤ人はお互いに責任を負う」は、WJCの存在意義を一言で表しています。1936年にスイスのジュネーブで設立されて以来、WJCは世界中のユダヤ人とユダヤ人社会の権利を守るために最前線で努力してきました。

WJC「ユダヤ人外交の武器」は、その設立以来、ナチス支配下での苦難に対する賠償金の支払いを含むホロコースト犠牲者とその相続人の正当性の主張、ホロコーストの記憶の保存、略奪されたユダヤ人の財産の返還や補償、また「休止」口座と呼ばれる資産をめぐるスイスの銀行との和解交渉、在ソ連ユダヤ人のイスラエル移住や自由な宗教活動の権利を求めるキャンペーン実施、オーストリア大統領で元国連事務総長のクルト・ワルトハイムが戦時中の自らの過去を隠していた事実の暴露、反ユダヤ主義とイスラエル国否認への対抗、さらにイスラエル国家および市民による近隣諸国との和平への戦いにおける継続的な支援など、数え切れないほどのキャンペーンを繰り広げてきました。

WJCはまた、何十年もの間、ローマカトリック教会との対話を重視しながら、教皇庁と特権的関係を維持してきました。当会議は、他のキリスト教会、イスラム社会および他宗教の代表者らと宗派間関係の発展に取り組んでいます。

ロナルドS・ローダー会長 率いるWJCの執行委員会は、WJCの運営のために定期的に会合を行っています。WJC理事会は毎年開催されており、4年ごとに行われるWJC総会では、WJC指導部を選出し、同会議の方針を定めるために、所属する全てのユダヤ人社会および組織の代表者が一同に会します。